2013年05月30日

LHZ和訳 その2



和訳その2です。
ちょっと駆け足で和訳したので、自信の無い所が多々あるので
致命的な誤訳等があれば教えてください。

その前にLevel Zero Heroesとは?

http://levelzeroheroes.com/
こちらの、2010年に起こったOP:ヒーロズリカバリーに従事したアメリカ海兵隊特殊作戦チーム8222の
ヒストリー本の紹介とMARSOCに従事し亡くなった方々の追悼サイトです。
遺族基金等もありますので、ご存知ない方は一度目を通してみてください。
その、About等を翻訳していってます。

----ここから----

Over the next six months the book follows MSOT 8222 and ISAF (International Security Assistant Forces) as they use the momentum generated
by Operation Hero Recovery to execute an extensive and complex clearing campaign of the Bala Murghab Valley .

著書は、MSOT8222とISAFが「OP:ヒーロリカバリー」と言う勢いを使ってバラムルガル谷に広大で複雑な掃討を6ヶ月に渡って行った記録である。

The Taliban had never seen this type of offensiveness and aggressive actions from ISAF and Afghan Army Units before.
タリバンは一度もこんなにアグレッシブで不快なISAFとアフガニスタンアーミを見たことがなかった。

Instead of being on winter rest from the heavier fighting in the southeast of the country,

南東地域でヘビーな戦闘が起こり、

the Bala Murghab Taliban were forced to fight thoughtout the freezing Murghab winter if they wanted to retain any hope of keeping control over the valley and its vital drug and smuggling routes.

バラムルガブのタリバン達は休息の変わりにこの渓谷の麻薬とそれの密輸ルートを保持する為に、この冬の凍りついたムルガブで周到な戦闘を余儀なくされました。 


Through-out the long and cold winter, MSOT 8222 was engaged repeatedly as they patrolled deeper and deeper into areas that had not seen US Forces since the beginning of the war in 2001 .
長く冷たい冬を通して、MSOT8222はアメリカ軍が2001年に戦争が始って以来、見た事が無いほどエリアの深く深くまで繰り返しパトロールに訪れました。


----ここまで----

後日、残りは翻訳していきます。

実際にこんな内容なのか不安なので、つっこみと訂正がありしだい修正していきます。
※内容が間違ってる可能性がありますので、完全に鵜呑みにしないでください。

この一連の作戦等で犠牲になった方々へRequiescat in Pace。






同じカテゴリー(雑記)の記事画像
モミーの煮玉子
フリマお疲れ様でした。
左脇のアレ。
クールビズ
近況報告
カミングスーン
同じカテゴリー(雑記)の記事
 モミーの煮玉子 (2014-09-28 19:14)
 フリマお疲れ様でした。 (2014-04-16 19:43)
 左脇のアレ。 (2013-07-27 12:26)
 クールビズ (2013-07-26 20:26)
 近況報告 (2013-07-05 20:02)
 カミングスーン (2013-06-11 10:24)

Posted by MAKZ  at 17:41 │Comments(0)雑記

<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。